<   2014年 05月 ( 127 )   > この月の画像一覧

上から
ブンパーニッケル(ドイツパン)の上に
☆ブラックペッパー・チーズとワイルドルッコラの花
☆スモークチーズとラム酒で煮たドライフルーツ
☆ゴロゴンゾーラ・チーズに白ワインと蜂蜜で煮たドライ・リンゴ

左は庭で摘んだニンニクの花の蕾とナスターチュームの葉

3種類、それぞれ個性の違いを主張する
3回幸せになれるオープンサンドイッチができた。
b0290469_884294.jpg

b0290469_805392.jpg

b0290469_811717.jpg

b0290469_85583.jpg

by artfarmandgarden | 2014-05-31 08:05 | Comments(0)
ブックマッチでBallに蝋燭をともしてみた
ガラスのBallのロゴが浮き上がる
Ballのロゴは製造年代によって少しづつ違う
これは新しいロゴのようだ。
春の終わり、かすかな光で
静かな夜がいっそう静かさをました。
b0290469_7575697.jpg

by artfarmandgarden | 2014-05-31 07:57 | Comments(0)
marika hackman
YOUTUBE

アーティストとして産まれてきたと思えるような
人に出会うことがある。
マリカ・ハックマンもその一人だと思う。
頑張るとか夢見るとかそういうレベルではなく
もともとアーティストの要素が備わっている人
彼女が歌う映像を観た時もそれをすぐに感じた。
バーバリーのモデルの時の彼女とは
まったく違う美しさが映し出されていた。
b0290469_7544225.jpg

b0290469_7541128.jpg

b0290469_7552192.jpg

by artfarmandgarden | 2014-05-31 07:55 | Comments(0)
ボイルした春キャベツの葉の間に
ベシャメルソースにゴルゴンゾーラチーズを混ぜて
冷蔵庫にしばらく入れてすこし固める。
白いお皿に取り分けたら、ジェノベーゼソースで。
キャベツの甘みとチーズ、ジェノベーゼソースの深い香りが合わさると
シンプルだけれど、さわやかで濃厚な春の終わりの味が広がる。
プレートは19世紀のミーキンを選んでみた
そうとう使い込まれたイギリスのミーキン
いくつもの春にテーブルを飾り
大切に扱われてきたミーキンの美しさにも
少し見とれながらいただいてみよう。
b0290469_7241389.jpg

b0290469_7243984.jpg

b0290469_724535.jpg

by artfarmandgarden | 2014-05-30 07:25 | Comments(0)
Marguerite Duras: India Song

フランスの小説家、マルグリット・デュラス
映画監督でもある彼女の作品、India Song
夏の湿気を感じる季節になると、この映画を思い出す。
ビルの谷間に住んでいた頃、夏の夜
窓を開け湿気を体いっぱいに感じながら
India Songのサウンドトラックをずっと聞いていた。
そろそろ南の海からあの音楽とともに
湿った風が流れてくるころだ。
b0290469_7162566.jpg

映画のワンシーン
b0290469_717535.jpg

by artfarmandgarden | 2014-05-30 07:20 | Comments(0)
丘わかめの葉にオリーブオイルでグリルした
サーディン乗せてみた
グレーダーでおろしたライムをサーディンにかけて
最後に葡萄の葉を置いて完成
小さなサーディンもなんだか今日はちがった味がするような。
b0290469_7452415.jpg

by artfarmandgarden | 2014-05-29 07:45 | Comments(2)

サガン

本当の名前はフランソワーズ・コワレ
サルトルの実存主義の影響とか
スキャンダラスな私生活とかではなく
私が好きなのは、昔サガンから感じた夏だった。
b0290469_7383631.jpg

b0290469_7384132.jpg

by artfarmandgarden | 2014-05-29 07:39 | Comments(0)

坂の途中のアザミ

野生のアザミを摘んでみた
どこを持っても鋭い棘のようなものがある
スコットランドではよく図案やロゴマークで登場する
なかなか手強い美しい花だ。
b0290469_735841.jpg

by artfarmandgarden | 2014-05-29 07:35 | Comments(0)
Jules et Jim
トリュフォーの[突然炎のごとく]のポスター
ポスターで映画の中身が全て感じられる
私は勝手にそう思っている
このJules et Jimのポスターはいろいろな種類がある
ジャンヌ・モローが笑っているポスターが有名かもしれないけれど
このポスターが一番気に入っている
とらえられない自由なジュリーの魂
タイトルの2色の文字とB/Wの写真が美しい。
b0290469_7313873.jpg

by artfarmandgarden | 2014-05-29 07:31 | Comments(0)
西海岸のBing cherryでパイを作ってみる
ダークチェリーを赤ワインと蜂蜜で煮る
パウダーシュガーは最後に。
アメリカの素朴なデザートといえばアップルパイ
次がチェリーパイ、私はかってにイメージしている。
アメリカのドン・マクリーンが歌った
アメリカン・パイという曲を思い出す
陽気なパイとはちょっと違ったダークな歌詞だった。
ダークな色合いのチェリーは陽気で幸せな味がした。
b0290469_6482728.jpg

b0290469_6493815.jpg

by artfarmandgarden | 2014-05-28 06:49 | Comments(0)