アート農場と庭の生活。


by artfarmandgarden
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
洋梨「ルレクチエ」の季節が訪れています。
緑色から鮮やかな黄色に変わるまで追熟させ
濃厚な甘味と芳香を放つ冬の果実。
冷たい朝、水面に氷が張っていた日のこと
ルレクチエのゼリーを作り、エディブルフラワーとナッツを散らす
そしてライムのソースを。
12月の輝きがはじまったのですね。
b0290469_08465554.jpg


b0290469_08472917.jpg



# by artfarmandgarden | 2017-12-08 09:00 | Comments(0)
ずっと前は硝子の美しい温室だった
今は、外から寒さを凌ごうと南天の木が入り込んで
屋根を突き抜けています。
そこから雨漏りと冷たい風が
次の雨が降りだす前に修理を急がなくてはいけなのです。
どこまで戻せるのか解らないけど
冬の間だけでも過ごせるようにしていきます。



b0290469_08092516.jpg

b0290469_08090780.jpg




b0290469_08074937.jpg





b0290469_08081785.jpg





b0290469_08041499.jpg





b0290469_08044446.jpg



b0290469_08084039.jpg




b0290469_08051311.jpg




b0290469_08053665.jpg




b0290469_08065622.jpg




b0290469_08060779.jpg



# by artfarmandgarden | 2017-12-06 09:22 | Comments(2)
秋のおわり、コンテナに花色を寄せた。
太陽と風がそよいだら、私と植物も息をする。

ブラックデライト、ホワイトビィオラ
ガイラルディア、テマリシモツケ・サマーワイン
花との間には苔と草をあわせて。
b0290469_08223498.jpg



b0290469_08230815.jpg




b0290469_08234039.jpg




b0290469_08240204.jpg

b0290469_08574309.jpg

# by artfarmandgarden | 2017-12-04 08:36 | Comments(0)
12月、庭で咲くスィートアリッサム、名前の由来は、ラテン語で「小さな欠片」
いつしか種が飛んでアナベルの鉢に咲いています。
冷たい風に揺れるルッコラの花も。
エディブルフラワー・ガーデンの花を添えて
「花色香る甘いもの」
丸い形にくり抜いたスポンジケーキ、マスカルポーネ
冬のはじまりは、雪のようなシュガーパウダーを。
b0290469_09021341.jpg


b0290469_09024256.jpg

b0290469_09014066.jpg

# by artfarmandgarden | 2017-12-02 09:20 | Comments(4)
炎の陶器と呼ばれているビィンテージの「ルスカ」
それぞれ好きな色あいを見つける楽しみもあります。
そして野菜を添える楽しみも。
プレートに菜園のラディシュ、ナスターチウムの花びらと葉を重ね
豆のスプラウト、ブラックオパール(エディブルフラワー)
11月のおわりの雨とルスカ。
b0290469_09361284.jpg

b0290469_09364329.jpg


b0290469_09370663.jpg


# by artfarmandgarden | 2017-11-30 09:46 | Comments(0)